【初心者】ウォレット(MetaMask)の導入手順

暗号資産
新人さん
新人さん

仮想通貨の取引をするのにウォレットっていうのが必要って聞いたけど
なんで必要なのかな?何ができるのかな?

きのぴー
きのぴー

仮想通貨の財布のこと!
絵や音楽(NFT)を買う時にも使うし、取引所から仮想通貨を受け取るときにも必要だよ!
とても重要だから、大切に管理してね!

・ウォレットって何なの?必要なの?
・どうやって導入するの?
・どんなことに注意が必要なの?

ウォレット(MetaMask)ってそもそも何?

聞きなれない言葉が多いけど、ざっくりいうと仮想通貨の財布だよ!
複数のネットワーク(サービスの集合体)に対応しているから便利!

ウォレットは仮想通貨用の財布

できるようになることは以下大きく以下3つ!

・取引所や他の人のウォレットと仮想通貨のやり取りが行える
分散型取引所が利用できる
NFTの保管、取引が行える

※分散型取引所とは…
コインチェックやビットフライヤーのように管理者(管理会社)がいる取引所を中央集権型取引所と呼びます。管理者がいるため、安全で安定していますが、販売所で仮想通貨を購入すると手数料がかかる場合があります。

分散型取引所は、取引の手続きをプログラムで自動化し、利用者同士を繋げて取引することで手数料を無料(ガス代のみ)で仮想通貨のやり取りが行える仕組みです。
草コインと呼ばれる管理会社が取り扱わない無名・流行性の高いコインが取引できるのも特徴です。

※NFTとは…
電子データに証明書をつけて改ざん・複製ができないようにしたデジタルデータのこと。
やり取りした記録はすべてログが残るため、改ざんが困難にしてその価値を守っています。

ウォレットはMetaMaskがおすすめ!

ウォレットはMetaMaskを使用しましょう!
利用者が最も多く、説明もネット上に多くあります。

分からないことを調べると、情報が出てくるMetaMaskが安心です。

MetaMaskの導入手順

PCの場合

MetaMaskのサイトにアクセスします。
必ずURLを直接入力するか、確認してからアクセスしましょう!
https://metamask.io/

GoogleChromeにインストールしていきます

「拡張機能を追加」をクリックしてしばらくすると、下のポップアップが表示されます。
狐の顔が動いて楽しい!

パスワードを設定します。

シークレットリカバリーフレーズを控えます
※重要※
この「シークレットリカバリーフレーズ」はとても重要です!
これが漏れてしまうと、財布(ウォレット)に入れていた仮想通貨やNFTが持ち出されてしまいます
スマホの写真などではなく、紙に書くなどして保管しましょう!

シークレットリカバリーフレーズは必ず書き留めましょう

GoogleChrome版の場合、空欄箇所に直接単語を入力します。

これで拡張機能の追加は完了です。
続けて初期設定を行います。

Chromeの右上にジグソーパズルのピースマークがあるので、クリックします。

押しピンアイコンをクリックすると、ショートカットアイコンが作成されます。

作成されたショートカットアイコンをクリックすると、MetaMaskの画面が表示されます。
先ずは財布の名前を分かりやすいものに変えましょう!(初期はAccount1となっています)

ウォレットは、以下3個持つのがベストだといわれています。
通常取引用」、「NFT・資産保管用」、「イベント参加用
(Giveaway等のNFT無料配布イベント等)

NFT等は取引に使用しない保管用ウォレットに格納し、情報漏洩時のリスク対策となります。

右上の三点リーダをクリックします。

「アカウントの詳細」をクリックします

鉛筆アイコンをクリックし、名前を修正します。
今回は「保管用」という名前に変更してみます。

✔ボタンをクリックすると、修正した内容が反映されます

これで初期設定は完了!

仮想通貨のウォレットは、利用するサービスごとに接続するネットワークを切り替えて使います。
試しにバイナンスが提供しているネットワークを追加する方法を説明します。

一番上の「イーサリアムメインネット」をクリックし、「ネットワークを追加」をクリックします。

ネットワークの候補が表示されます。


バイナンスは海外最大手の取引所が提供しているネットワークのため、上位に表示されます。
対象用の右にある「追加」ボタンを押します。

確認画面が表示されるので「承認」をクリック。

無事追加されました。
念のため切り替えを確認します。

とても簡単ですね!
ただ、このネットワークの切り替えはとても重要です。
どのネットワークに接続しているかは常に意識しながら操作しましょう!

スマホの場合

スマホ版はPC版よりも簡単です。
基本的な考え方はPC(Google Chrome)と同じです。
違いはシークレットリカバリーフレーズの確認入力が選択式なくらいでした。

Google Play で手に入れよう

Download on the App Store

ウォレットを利用する際の注意点

接続ネットワークについて

利用するサービスによって、対応しているネットワークが異なります。
必ず現在接続しているネットワークを確認しましょう!
ネットワークが異なると、受け取ったNFTや仮想通貨が見えません

OpenSea(NFTの売買サイト)…イーサリアム系
PancakeSwap(分散型取引所)…バイナンス系
UNISwap(分散型取引所)…イーサリアム系

シークレットリカバリフレーズは大切に保管する!

シークレットリカバリーフレーズは、それを知っているとウォレットを復元できるキーワードです。
それが漏れてしまうと、他人があなたのウォレットを使えてしまう状態になります。
絶対に漏れないよう、無くさないよう保管しましょう!

勝手に送られてきたNFTは無視する!

ウォレットを使用していると、身に覚えのないNFTが送られてくることがあります。
勝手に送られてきたNFTは詐欺サイトへの誘導リンクが含まれていることが多いです。
(というか身に覚えのないものは詐欺だと思いましょう)
絶対に無視しましょう!

接続先サイトに注意!

普段、インターネットを使用しているときにGoogleで検索して一番上に表示されたサイトが公式サイトだと思ってアクセスしていると思います。

実はGoogle等の検索サイトの検索結果は順番の操作が可能です!
(SEOポイズニングと呼ばれたりします)

ウォレットを接続する特性上、YahooやGoogle等の検索サイトからのアクセスしたサイトは利用しないようにして、URLを直接入力して、それをお気に入り登録してアクセスするようにしましょう!

最後に

いかがでしたでしょうか。
口を酸っぱくして申し上げますが、以下3点は徹底しましょう!

  • シークレットリカバリーフレーズは厳重保管!
  • ウォレットを使用するサイトはGoogle検索上位で表示されたとしても、疑いの目で確認する。
  • 利用するサービスに対応したネットワークを意識しましょう
    ※ネットワークの選択が異なると、有るはずの仮想通貨やNFTが表示されません。

コメント